腹腔鏡手術

腹腔鏡手術−【腹痛下痢便秘症状病気】

腹腔鏡手術とは

 腹腔鏡手術は、腹部に5〜12mmの小さい穴を4~5箇所あけ、そこから先端にカメラのついたケーブルや電気メス、鉗子(かんし)などを挿入して、医師がテレビモニターを見ながら行う手術です。

腹腔鏡手術の最大の特徴は、傷口が小さく、患者の身体への負担が少ない手術であるということです。また、手術後の回復が早く、入院期間の短縮、早期の社会復帰が可能になります。

ページの一番上へ>          次のページ→マイコプラズマ
サイトのTOPページへ

サイトマップ】【お問い合わせ

当サイト内の内容・構成・デザイン・テキスト、画像の無断転載・複製(コピー)は一切禁止です。
Copyright All Reserved by 腹痛・下痢・便秘の症状がある病気 Since 2012/1/25-