内視鏡治療

内視鏡治療−【腹痛下痢便秘症状病気】

内視鏡治療とは

 内視鏡治療は、先端にカメラをつけたチューブを体内に挿入することにより、患部を観察したり、治療したりすることができます。体内の結石を取り除いたり、腫瘍を摘出することもできます。

一般的な開腹手術と違い、傷口が非常に小さく、身体への負担も軽いのが特徴です。

ページの一番上へ>          次のページ→腹水
サイトのTOPページへ

サイトマップ】【お問い合わせ

当サイト内の内容・構成・デザイン・テキスト、画像の無断転載・複製(コピー)は一切禁止です。
Copyright All Reserved by 腹痛・下痢・便秘の症状がある病気 Since 2012/1/25-