膿瘍

膿瘍−【腹痛下痢便秘症状病気】

膿瘍とは

 膿瘍は、細菌感染によって皮膚に生じる、膿のたまったくぼみ(空洞)です。皮膚・肺・腎臓・肝臓・脳によく発生します。

軽度のものは、抗生物質の服用で完治しますが、炎症が広がったり、他の病気を合併している場合は、超音波で腹部の画像を見ながら細い管を膿瘍部に挿入し、膿汁を体外へ排出する排膿法(はいのうほう)や、膿瘍の切除手術を行います。

ページの一番上へ>          次のページ→嚢胞
サイトのTOPページへ

サイトマップ】【お問い合わせ

当サイト内の内容・構成・デザイン・テキスト、画像の無断転載・複製(コピー)は一切禁止です。
Copyright All Reserved by 腹痛・下痢・便秘の症状がある病気 Since 2012/1/25-