黄疸

黄疸−【腹痛下痢便秘症状病気】

黄疸とは

 黄疸とは、何らかの病気や疾患に伴って起こる症状の1つで、眼球や皮膚といった組織や体液が黄染する(黄色く染まる)状態です。

顔の皮膚が黄色っぽくなったり、目の白目部分が黄色っぽくなったり、尿の色が極端に濃いことで気付くことが多いです。

 黄疸は、血液中の”ビリルビン”という物質が増加して起こりますが、この”ビリルビン”という物質は赤血球の中に含まれる”ヘモグロビン”という物質が壊れていく過程で生じる一種の代謝産物で、通常の範囲を超えると、黄疸という症状となって現れます。

 黄疸は、他の病気の症状となって出ていることが多いので、検査が必要です。

ページの一番上へ>          次のページ→潰瘍
サイトのTOPページへ

サイトマップ】【お問い合わせ

当サイト内の内容・構成・デザイン・テキスト、画像の無断転載・複製(コピー)は一切禁止です。
Copyright All Reserved by 腹痛・下痢・便秘の症状がある病気 Since 2012/1/25-