チアノーゼ

チアノーゼ−【腹痛下痢便秘症状病気】

チアノーゼとは

 チアノーゼとは、皮膚や唇などの粘膜が青紫色になった状態のことをいいます。血液中の酸素濃度が低くなったときに現れます。

医学的には、毛細血管血液中の還元ヘモグロビン(デオキシヘモグロビン)が5g/dL以上で出現する状態を指します。

貧血患者はヘモグロビンの絶対量が少ないために、還元ヘモグロビンの量が5g/dL以上になりにくいため発生しにくい。

ページの一番上へ>          次のページ→体外衝撃波結石破砕療法
サイトのTOPページへ

サイトマップ】【お問い合わせ

当サイト内の内容・構成・デザイン・テキスト、画像の無断転載・複製(コピー)は一切禁止です。
Copyright All Reserved by 腹痛・下痢・便秘の症状がある病気 Since 2012/1/25-