ヘリコバクター・ピロリ菌

ヘリコバクター・ピロリ菌−【腹痛下痢便秘】

ヘリコバクター・ピロリ菌とは

 ヘリコバクター・ピロリ菌とは、胃に住み着く細菌で、ピロリ菌に感染すると、胃の粘膜を傷つけ炎症が起こり、胃炎になります。

 日本の場合、20歳までの若い人たちのピロリ菌の感染率は低く、20%以下です。これに対して50歳以上の世代では、感染率が80%と極めて高い状態を示しています。

 保険治療が可能で、抗菌剤の服用で除菌することが可能です。

ページの一番上へ>          次のページ→敗血症
サイトのTOPページへ

サイトマップ】【お問い合わせ

当サイト内の内容・構成・デザイン・テキスト、画像の無断転載・複製(コピー)は一切禁止です。
Copyright All Reserved by 腹痛・下痢・便秘の症状がある病気 Since 2012/1/25-