嵌頓(かんとん)

嵌頓(かんとん)−【腹痛下痢便秘症状病気】

嵌頓(かんとん)とは

 嵌頓(かんとん)とは、外科的な手術を行った際、傷口がうまくくっつかなかった時に、傷口の隙間から腸管などの内臓器官が脱出し、もとに戻らなくなった状態のことをいいます。

嵌頓ヘルニアという言い方をします。

ページの一番上へ>          次のページ→カテーテル
サイトのTOPページへ

サイトマップ】【お問い合わせ

当サイト内の内容・構成・デザイン・テキスト、画像の無断転載・複製(コピー)は一切禁止です。
Copyright All Reserved by 腹痛・下痢・便秘の症状がある病気 Since 2012/1/25-