腹水

腹水−【腹痛下痢便秘症状病気】

腹水とは

 腹水とは、人間のお腹の中には臓器と臓器の隙間に腹水という少量の水が入っていて、潤滑油の役目を果たしています。通常は、20〜50mlですが、それよりもたくさん溜まった状態を腹水といいます。

 腹水の状態になるとお腹がぽっこりでてきますが、腹水になったからといって、何かすぐに治療が必要にはなりません。

しかし何か別の病気の合併症で、腹水になっている場合が多いので、他の病気の検査が必要です。

ページの一番上へ>          次のページ→びらん
サイトのTOPページへ

サイトマップ】【お問い合わせ

当サイト内の内容・構成・デザイン・テキスト、画像の無断転載・複製(コピー)は一切禁止です。
Copyright All Reserved by 腹痛・下痢・便秘の症状がある病気 Since 2012/1/25-