脾腫

脾腫−【腹痛下痢便秘症状病気】

脾腫の症状

脾腫 脾腫は、左上腹部の痛み・背中痛・腹部膨満感・呼吸困難・吐き気・嘔吐・便秘などの症状がでる病気です。

 脾腫とは、脾臓が腫れた状態のことをいい、正常な脾臓は120g程度ですが、2倍程度に腫れて大きくなります。

脾臓が腫れると、大きくなった分血液中から取り込む血球と血小板の量が増え、検査では、血液中の血球と血小板数が減少しているのが確認できます。

脾腫が進むと、脾臓の機能が亢進(機能が高まる)し、血球を過剰に破壊するため、貧血出血しやすくなります。

脾腫の原因

 脾腫の原因は、肝炎・マラリア・腸チフス・梅毒などの感染症、白血病・骨髄線維症・溶血性貧血・ホジキン腫などの血液疾患、ゴーシェ病・ニーマン・ピック病・ウォルマン病などの代謝異常、その他、肝硬変・門脈亢進症・脾膿瘍・脾静脈の狭窄や閉鎖などが考えられます。

脾腫の治療法

 脾腫の原因となっている疾患を特定し、その疾患に対する治療を行います。

また、脾臓から出血が起きている場合は、手術により脾臓を取り除くケースもありますが、細菌やウイルスに対して防御する働きが失われ、感染しやすくなります。

ページの一番上へ>          次のページ→腎梗塞
サイトのTOPページへ

サイトマップ】【お問い合わせ

当サイト内の内容・構成・デザイン・テキスト、画像の無断転載・複製(コピー)は一切禁止です。
Copyright All Reserved by 腹痛・下痢・便秘の症状がある病気 Since 2012/1/25-