狭心症

狭心症−【腹痛下痢便秘症状病気】

狭心症の症状

狭心症 狭心症は、上腹部の痛み・胸の痛み・圧迫感や胸が締め付けられる感じ・左肩の強い肩こりなどの症状がでる病気です。

発作の起こり方や頻度により分類され、発作の起こり方が一定している安定狭心症、毎日のようにまたは1日何回も発作を繰り返す場合、また、ニトログリセリンが効きにくくなった場合の不安定狭心症、状況に関係なく起こる安静狭心症、歩行、階段などの身体的な労作、精神的な興奮・ストレスが誘因となって起こる労作狭心症に分けられます。

痛みの程度は、数十秒〜数分に渡って続き、冷や汗を伴う強いものから、違和感程度の軽いものまであります。特にに糖尿病の患者さんは、病変の重症度に比べて、症状を軽く感じることが多く注意が必要です。

狭心症の原因

 狭心症は、心臓に酸素と栄養を運ぶ冠動脈内の血液がスムーズに流れなくなることによりさまざまな症状が起こります。

冠動脈内が狭くなる原因として、糖尿病・脂質異常症(高脂血症)・高血圧・喫煙・ストレスなどが考えられます。

狭心症の治療法

 狭心症の治療では、薬物療法・経皮的冠動脈形成術・冠動脈バイパス術の内、患者さんの病態により使い分けます。

 薬物療法では、血液をさらさらにする抗血小板薬と、心臓の仕事量を減らすβ(ベータ)遮断薬、心臓の負担を減らして血管を拡張する硝酸薬カルシウム拮抗薬などを用います。

 経皮的冠動脈形成術では、足の付け根の大腿動脈または腕の橈骨動脈や上腕動脈から先端に風船のようなものがついた管(バルーンカテーテル)という細い管を入れ、冠動脈の狭くなったところまで進めて、そこで風船を膨らませることにより血管を押し拡げることで、血流を改善します。

 冠動脈バイパス術では、狭くなったり閉塞している冠動脈の先に別の血管(グラフト)をつなげ、血液がその道(バイパス)を通り、これによって血流の少ない部位により多くの血液を流し、血流を改善します

ページの一番上へ>          次のページ→直腸がん
サイトのTOPページへ

サイトマップ】【お問い合わせ

当サイト内の内容・構成・デザイン・テキスト、画像の無断転載・複製(コピー)は一切禁止です。
Copyright All Reserved by 腹痛・下痢・便秘の症状がある病気 Since 2012/1/25-