急性腹膜炎

急性腹膜炎−【腹痛下痢便秘症状病気】

急性腹膜炎の症状

急性腹膜炎 急性腹膜炎は、激しい腹痛・吐き気・嘔吐・冷や汗などの症状がでる病気です。

腹痛は激しいもので、腹部が硬くなり、指で押すと強い痛みを感じるという特徴があります。

人間の腹部の内臓は、腹壁により囲まれ保護されていますが、腹壁で囲まれた空間を腹腔(ふくくう)といい、腹腔の内側や腹腔内臓器をおおっている膜を腹膜といいます。

この腹膜に細菌が感染し炎症を起こすと、急性腹膜炎と診断されます。

急性腹膜炎の原因

 急性腹膜炎は、他の消化器官の病気の合併症として起こります。

腹膜が細菌により炎症を起こす場合は、虫垂炎急性膵炎急性胆嚢炎などの他の病気の細菌と炎症が腹膜へも広がることによります。

他にも、事故による外傷や、臓器に穴があき(穿孔)、胃液や胆汁が腹膜に漏れ出すことによって炎症を起こすケースもあります。

急性腹膜炎の治療法

 急性腹膜炎は死に至ることもある重篤な病気ですので、早期の治療が不可欠です。

消化管の穴(穿孔)がなく、腹膜の炎症がそれほど広がっていない場合には、点滴(補液)抗生剤の投与により保存的に治療することで治ることもありますが、基本的には早期の緊急手術を必要とする場合がほとんどです。

早期に手術で病巣を除去し、胃や腸管にあいた穴をふさぎ、感染したお腹を洗浄し、感染源の遮断、お腹にたまった液体を体外へ排泄させます。

ページの一番上へ>          次のページ→胃潰瘍
サイトのTOPページへ

サイトマップ】【お問い合わせ

当サイト内の内容・構成・デザイン・テキスト、画像の無断転載・複製(コピー)は一切禁止です。
Copyright All Reserved by 腹痛・下痢・便秘の症状がある病気 Since 2012/1/25-