心不全

心不全−【腹痛下痢便秘症状病気】

心不全の症状

心不全 心不全は、右上腹部の痛み・呼吸困難・息切れ・頻脈・全身のむくみ・チアノーゼ(唇や手足が紫色になる)・尿量の減少などの症状がでる病気です。

心不全とは、正しくいうと病気の名前ではなく、心臓の働きが不十分な結果、起きた身体の状態のことを言います。

心臓の働きのうち、どの働きがどの程度低下しているのか、その低下が急に起こってきたのか(急性心不全)、徐々に起こってきたのか(慢性心不全)によって、心不全の種類や程度はさまざまです。

心不全は現在、欧米ではトップの頻度の疾患で、1000人当たり7.2人とされています。生活習慣の欧米化が進む日本でも、ほぼ同程度だといわれています。

心不全の原因

 心不全の原因の約50%が、狭心症心筋梗塞、不整脈など、他の心臓の疾患が原因で起こります。

他の原因としては、貧血・甲状腺機能亢進症・腎不全・高血圧・加齢などがあげられます。

心不全の治療法

  心不全の治療では、心臓負担の軽減薬物による治療食塩制限による食事療法が3原則とされています。

一般に急性心不全の時は、入院を必要とすることが多く、心臓の負担を軽減するために安静が必要になります。酸素吸入を行ったり、一時的に心臓の働きを高める薬(強心薬)を用いることもあります。

ページの一番上へ>          次のページ→心筋梗塞
サイトのTOPページへ

サイトマップ】【お問い合わせ

当サイト内の内容・構成・デザイン・テキスト、画像の無断転載・複製(コピー)は一切禁止です。
Copyright All Reserved by 腹痛・下痢・便秘の症状がある病気 Since 2012/1/25-