胃痙攣

胃痙攣−【腹痛下痢便秘症状病気】

胃痙攣の症状

胃痙攣 胃痙攣は、みぞおち周辺の刺すような痛み・ズキズキとした腹痛などの症状がでる病気です。

胃痙攣の痛みは数分から、長いものでは1〜2時間続くこともあります。

突然のみぞおちあたりの激しい痛みが起こるのが一般的ですが、吐き気や嘔吐を伴うこともあります。

胃痙攣の原因

 胃痙攣の原因には、胃潰瘍急性胃炎胃軸捻転症・胃粘膜脱・十二指腸潰瘍胆石症・胆管炎・急性膵炎など、他の病気が引き金となって症状が現れます。

このような消化器系の病気が原因である他に、日常生活でのストレス・緊張・そして神経症が原因で胃痙攣が引き起こることがあります。

胃痙攣の治療法

 胃痙攣がおこると、痛み止めの鎮痛薬や胃痙攣のけいれんを抑える鎮痙薬などが用いられますが、病気またはストレスといった根本となる原因などをしっかりと調べて、治療する必要があります。

ページの一番上へ>          次のページ→機能性ディスペプシア
サイトのTOPページへ

サイトマップ】【お問い合わせ

当サイト内の内容・構成・デザイン・テキスト、画像の無断転載・複製(コピー)は一切禁止です。
Copyright All Reserved by 腹痛・下痢・便秘の症状がある病気 Since 2012/1/25-