食道潰瘍

食道潰瘍−【腹痛下痢便秘症状病気】

食道潰瘍の症状

食道潰瘍 食道潰瘍は、みぞおち周辺の痛み・差し込むような腹痛・嘔吐・胸焼けなどの症状がでる病気です。

何らかの原因で食道が炎症を起こす病気です。軽度のものを食道炎、さらに進行し粘膜が深く削れたもの食道潰瘍といいます。

食道潰瘍の原因

 もっとも多いのが、胃液が食道内へ逆流する逆流性食道炎が原因となり、食道潰瘍を引き起こすというケースです。

他にも、内服した薬の食道での停滞、洗剤などを誤って飲んだことによる化学的な粘膜障害、細菌、ウイルス、カビなどの感染による炎症、放射線治療後の炎症などがあります。

食道潰瘍の治療法

 食道潰瘍の治療では、お薬による内科的治療と手術による外科的治療がありますが、通常内科的治療から始めます。

 内科的治療では、胃酸の分泌を抑えるH2受容体拮抗薬プロトンポンプ阻害薬が使用されます。

薬剤による食道炎では、原因となる薬剤を中止し、粘膜保護剤を投与します。真菌性やウイルス性食道炎では、適応とされる各抗真菌薬抗ウイルス薬が使用されます。

 最も有効な治療薬であるプロトンポンプ阻害薬で改善しない場合や、食道裂孔ヘルニアが認められる場合、出血がひどい場合は、外科的手術を行います。

手術は、胃底部を下部食道に巻きつけて逆流防止機構を作成する方法が行われ、今日では腹腔鏡手術で行われています。

ページの一番上へ>          次のページ→マロリーワイス症候群
サイトのTOPページへ

サイトマップ】【お問い合わせ

当サイト内の内容・構成・デザイン・テキスト、画像の無断転載・複製(コピー)は一切禁止です。
Copyright All Reserved by 腹痛・下痢・便秘の症状がある病気 Since 2012/1/25-