食道裂孔ヘルニア

食道裂孔ヘルニア−【腹痛下痢便秘症状病気】

食道裂孔ヘルニアの症状

食道裂孔ヘルニア 食道裂孔ヘルニアは、みぞおち周辺の痛み・胸焼け・げっぷ・胸の痛み・食べ物が飲み込みにくいなどの症状がでる病気です。

 食後に症状が起こりやすく、立ち上がって歩くと症状が軽減するという特徴があります。

 人の体の中は、胸腔(胸の空間)と腹腔(お腹の空間)を、横隔膜という壁で仕切られています。

この横隔膜には、胸腔と腹腔を上から下へ通っている、大動脈・大静脈・食道が通るための穴があいており、食道が通るための穴を食道裂孔といいます。

 食道裂孔ヘルニアは、本来腹腔にあるはずの胃の一部又は全部が、食道裂孔を通って胸腔内に飛び出した状態のことをいいます。

食道裂孔ヘルニアになると、横隔膜の締め付けが緩むため、胃酸が食道に逆流する逆流性食道炎が起こりやすくなり、さまざまな症状がでます。

食道裂孔ヘルニアの原因

 食道裂孔ヘルニアの原因は、先天性のものと後天性のものがあります。

先天性のものでは、生まれつき食道裂孔の締め付けが緩く、胃が飛び出しやすいケースです。

後天性のものでは、加齢・肥満・喘息・妊娠・姿勢の悪さなどが原因として考えられます。

食道裂孔ヘルニアの治療法

 食道裂孔ヘルニアの治療は、お薬の服用による保存的療法が基本になります。

胃酸の分泌を抑えるH2受容体拮抗薬プロトンポンプ阻害薬を使用し、症状をコントロールします。肥満や喫煙も原因となりますので、生活習慣の改善も併行して行います。

ただし、食道粘膜内にびらんや出血がある場合は、手術が必要になることがあります。

手術では、胸腔内に飛び出してしまった胃を正常な位置に戻し、拡がった食道裂孔を縫い縮めます。逆流性食道炎を防ぐ為に、胃の上部を食道に巻きつける噴門形成術も行われます。

ページの一番上へ>          次のページ→食道潰瘍
サイトのTOPページへ

サイトマップ】【お問い合わせ

当サイト内の内容・構成・デザイン・テキスト、画像の無断転載・複製(コピー)は一切禁止です。
Copyright All Reserved by 腹痛・下痢・便秘の症状がある病気 Since 2012/1/25-