逆流性食道炎

逆流性食道炎−【腹痛下痢便秘症状病気】

逆流性食道炎の症状

逆流性食道炎 逆流性食道炎は、みぞおち周辺が痛い・ひどい胸焼け・食道がしみる感じ・物がつっかえたような感じなどの症状がでる病気です。

何らかの原因で胃の内容物が食道へ逆流し、胃液により食道が炎症を起こす病気です。

胃から食道への逆流を防ぐ仕組みが働かなくなったり、胃酸の分泌が増えすぎたりして、胃の内容物が食道に逆流して長くとどまることで起こります。

逆流性食道炎の原因

 逆流性食道炎の原因となる胃液や胃の内容物の逆流は、脂肪の多い食事・食べ過ぎ・肥満・加齢・姿勢の悪さなどによって、胃から食道への逆流を防ぐ仕組みが弱まったり、胃酸が増えすぎることで起こります。

逆流性食道炎の治療法

 逆流性食道炎の治療の基本は、生活習慣の改善薬の服用です。多くの場合は、これらの治療で食道の炎症や症状は良くなります。

生活習慣の改善では、規則正しい生活・栄養バランスのとれた食事・刺激物を避けるといったことを心がけます。それと併行して、胃酸の分泌を抑えるH2受容体拮抗薬などが使用されます。

何度も再発を繰り返す場合や、食道の炎症が強く食道が狭まってしまっている場合は、外科的手術を行う場合もあります。

逆流性食道炎が進行すると、食道潰瘍に発展することもあるため、早期の治療が大切です。

ページの一番上へ>          次のページ→食道裂孔ヘルニア
サイトのTOPページへ

サイトマップ】【お問い合わせ

当サイト内の内容・構成・デザイン・テキスト、画像の無断転載・複製(コピー)は一切禁止です。
Copyright All Reserved by 腹痛・下痢・便秘の症状がある病気 Since 2012/1/25-