慢性腹膜炎

慢性腹膜炎−【腹痛下痢便秘症状病気】

慢性腹膜炎の症状

急性腹膜炎 慢性腹膜炎は、腹痛・腹部膨満感・吐き気・微熱が続く・全身倦怠感・腹水などの症状がでる病気です。

 慢性腹膜炎は慢性の経過をたどる腹膜炎で、そのほとんどが結核性腹膜炎です。

結核性腹膜炎では、肺結核の原因となっている結核菌が、血液やリンパ液の流れにのって腹膜まで到達し、徐々に内臓を包んでいる腹膜が炎症し発病することが多いです。

慢性腹膜炎の原因

 慢性腹膜炎の原因ですが、腹膜が最初の発症部位であることはまれで、多くの場合、肺結核や結核性胸膜炎などから、血流あるいはリンパ管を通って伝染して発病することがほとんどです。

 結核性腹膜炎は、結核菌の腹膜への感染で発病します。化学療法の進歩により激減はしたものの、近年増加傾向にあります。

慢性腹膜炎の治療法

 慢性腹膜炎の原因が結核菌である場合は、抗結核薬抗菌薬を用いて炎症を鎮めます。腹腔内に膿や液体がたまっている場合は、ドレーンを用いて取り除くこともあります。

他の病気が原因の場合は、他の病気の治療を進めます。

ページの一番上へ>          次のページ→腹部大動脈瘤
サイトのTOPページへ

サイトマップ】【お問い合わせ

当サイト内の内容・構成・デザイン・テキスト、画像の無断転載・複製(コピー)は一切禁止です。
Copyright All Reserved by 腹痛・下痢・便秘の症状がある病気 Since 2012/1/25-