腸閉塞(イレウス)

腸閉塞(イレウス)−【腹痛下痢便秘症状病気】

腸閉塞(イレウス)の症状

腸閉塞(イレウス) 腸閉塞(イレウス)は、激しい腹痛・嘔吐・排便ができない・排ガスができないなどの症状がでる病気です。

他にも脱水症状やショック状態がみられることもあります。

何らかの原因で腸管が塞がってしまい、内容物や消化液、ガスなどが通過できなくなります。腸管がふさがると、腸がねじれたり圧迫されたりしますので、激しい腹痛が起こります。

きりきりと強い痛みが起こり、しばらくすると少し和らぎ、これを繰り返す「疝痛(せんつう)発作」と呼ばれる特徴的なものです。

腸閉塞(イレウス)の原因

 腸閉塞(イレウス)の原因の90%を占めるのが、腸管が大腸がんなどの腫瘍や異物で塞がってしまう機械的閉塞です。開腹手術後や腸管の炎症により起こる癒着も含まれます。

他にも、腸自体の痙攣や麻痺で起こる、機能的閉塞があります。

腸閉塞(イレウス)の治療法

 腸管内に異物が詰まっている場合は、イレウス管(吸引チューブ)を鼻から挿入して拡張した腸管内容物やガスを吸引排除します。

イレウス管は胃を超えて小腸まで管をすすめるため、直接拡張した腸管内容物を排除でき有効です。

血行障害を伴う絞扼性イレウスの場合は、全身症状が急激に悪化するため、緊急手術が必要になります。

ページの一番上へ>          次のページ→クローン病
サイトのTOPページへ

サイトマップ】【お問い合わせ

当サイト内の内容・構成・デザイン・テキスト、画像の無断転載・複製(コピー)は一切禁止です。
Copyright All Reserved by 腹痛・下痢・便秘の症状がある病気 Since 2012/1/25-