慢性腸炎

慢性腸炎−【腹痛下痢便秘症状病気】

慢性腸炎の症状

慢性腸炎 慢性腸炎は、慢性的な腹痛・下痢・発熱・吐き気・嘔吐などの症状がでる病気です。

腹痛は差し込むような強い痛みや、ヘソ周辺に鈍痛がでることが特徴的です。

 慢性腸炎になると、腸が常に炎症している状態になりますので、食べ物がうまく消化吸収されず、慢性的な下痢や便秘、腹痛など、長期にわたり症状に悩まされます。

症状は強くなったり弱くなったりを繰り返し、さまざまな便通異常が起こります。20代~40代に多い病気です。

慢性腸炎の原因

 慢性腸炎の原因は、食生活の不摂生・精神的肉体的ストレス・他の病気の影響 ・細菌の感染などが考えられます。

慢性腸炎の治療法

 慢性腸炎の治療は、症状の出方によって変わります。

基本的には食生活を見直し、ストレスが原因の場合は、ストレスを取り除いたり、精神を安定させるお薬を服用します。

炎症を抑えるために、消炎薬抗菌薬を服用することもあります。

ページの一番上へ>          次のページ→急性出血性大腸炎
サイトのTOPページへ

サイトマップ】【お問い合わせ

当サイト内の内容・構成・デザイン・テキスト、画像の無断転載・複製(コピー)は一切禁止です。
Copyright All Reserved by 腹痛・下痢・便秘の症状がある病気 Since 2012/1/25-