慢性前立腺炎

慢性前立腺炎−【腹痛下痢便秘症状病気】

慢性前立腺炎の症状

慢性前立腺炎 慢性前立腺炎は、頻尿・排尿痛・下腹部の痛み・会陰部(肛門の前)の鈍痛などの症状がでる病気です。

慢性的な慢性前立腺炎の場合は、発熱など全身的な症状がでることは少なく、前立腺がある辺りが痛くなります。急性前立腺炎になると、極めて高い高熱を生じ、頻尿や排尿痛などの症状がみられます。

 前立腺とは男性だけにある臓器で、生殖器の1つです。前立腺がなくても生きていく事はできますが、生殖活動のためにはなくてはならないものです。しかし、その働きやしくみにはまだ不明な部分も多く、「未知の臓器」と呼ばれる事もあります。

この前立腺の炎症が慢性的に続いている状態を慢性前立腺炎といい、男性の25〜50%が一生に一度は前立腺炎症状を経験するといわれています。

慢性前立腺炎の原因

 慢性前立腺炎の原因は、はっきりとはわからない場合もありますが、細菌の感染・クラミジアなどの性病・ストレス・自己免疫疾患などが考えられます。

慢性前立腺炎の治療法

 慢性前立腺炎の治療では、抗菌薬・植物製剤(セルニルトン)・漢方薬などを用いた薬物療法を行い、炎症を鎮めます。

通常2~4週間で症状は軽快しますが、症状が完全に取れなくて長期間(数ヶ月単位)の治療が必要になることもあります。治癒・再燃を繰り返すこともあるので、日頃から日常生活について注意することが必要です。

排尿をすると一緒に細菌も排出されますので、水をたくさん飲み、排尿を促すお薬を服用することもあります。また、射精することも炎症を鎮めるために効果があります。

ページの一番上へ>          次のページ→下痢症
サイトのTOPページへ

サイトマップ】【お問い合わせ

当サイト内の内容・構成・デザイン・テキスト、画像の無断転載・複製(コピー)は一切禁止です。
Copyright All Reserved by 腹痛・下痢・便秘の症状がある病気 Since 2012/1/25-