骨盤腹膜炎

骨盤腹膜炎−【腹痛下痢便秘症状病気】

骨盤腹膜炎の症状

骨盤腹膜炎 骨盤腹膜炎は、下腹部全体の激しい痛み・発熱・吐き気・嘔吐・悪寒・下痢・便秘などの症状がでる病気です。

女性特有の腹膜炎で、虫垂炎子宮付属器炎などの炎症が腹膜にまで広がったり、開腹手術に続いて発症することが多いという特徴があります。

 骨盤内には身体の前側に膀胱、お尻側に直腸、その間に子宮がありますが、それらは骨盤腹膜と呼ばれる膜で覆われています。その骨盤腹膜に炎症が起こると、骨盤腹膜炎と診断されます。

骨盤腹膜炎の原因

 大腸菌・ブドウ球菌・連鎖球菌などの細菌感染が原因ですが、大半は卵巣や卵管の炎症が広がることで起こります。

近年では、クラミジアの感染によるケースも増えています。

骨盤腹膜炎の治療法

 骨盤腹膜炎の治療では、炎症を鎮めるため抗菌薬抗炎症薬を服用し、安静にすることが治療の基本です。

炎症が進み、卵巣や卵管などと癒着を起こしている場合は、手術を行います。

ページの一番上へ>          次のページ→子宮内膜症
サイトのTOPページへ

サイトマップ】【お問い合わせ

当サイト内の内容・構成・デザイン・テキスト、画像の無断転載・複製(コピー)は一切禁止です。
Copyright All Reserved by 腹痛・下痢・便秘の症状がある病気 Since 2012/1/25-