月経困難症

月経困難症−【腹痛下痢便秘症状病気】

月経困難症の症状

月経困難症 月経困難症は、下腹部の痛み・腰痛・頭痛・吐き気・イライラなどの症状がでる病気です。

通常の月経の症状では、ほとんどの女性がなんらかの不快感を感じるのですが、症状が重く、日常生活が困難になるほどの場合ですと、月経困難症と診断されます。

若い女性に多い病気で、年を経るにつれて症状が軽くなることが多く、妊娠出産を経験すると、軽快するケースもあります。

月経困難症の原因

 身体的(器質的)異常がない場合は、機能性(原発性)月経困難症といって、プロスタグランジンという物質が原因であるといわれています。プロスタグランジンとは、ホルモンに似た働きをする物質で、痛みの原因になります。

 身体的に異常がある、器質性(続発性)月経困難症といって、子宮筋腫・子宮内膜症・子宮腺筋症など、他の子宮系の病気が原因となっています。

月経困難症の治療法

 機能性(原発性)月経困難症の場合は、身体的に異常はありませんので、対処療法として、鎮痛薬・漢方薬・向精神薬などの薬物療法を行います。

疲れや精神的なストレスなども症状を悪化させる原因となることがありますので、生活習慣の改善も大切です。

 器質性(続発性)月経困難症の場合は、原因となっている他の病気(子宮筋腫・子宮内膜症など)の治療を行うことが第一です。これは、原因となっている病気を治療することによって、月経困難症の症状も改善されることが多いためです。

ページの一番上へ>          次のページ→月経前症候群(PMS)
サイトのTOPページへ

サイトマップ】【お問い合わせ

当サイト内の内容・構成・デザイン・テキスト、画像の無断転載・複製(コピー)は一切禁止です。
Copyright All Reserved by 腹痛・下痢・便秘の症状がある病気 Since 2012/1/25-