子宮体がん

子宮体がん−【腹痛下痢便秘症状病気】

子宮体がんの症状

子宮体がん 子宮体がんは、不正出血(月経以外の出血)・水っぽいおりもの・血が混じったおりものなどの症状がでる病気です。

 子宮体がんは子宮内膜がんとも呼ばれ、胎児を育てる子宮の内側にある子宮内膜から発生する病気です。

子宮の奥のほうで発生するため、発見が遅くなることが多い病気です。

子宮体がんの原因

 子宮体がんは、女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)による影響が大きい病気です。

そのため、中高年(50〜60代で好発)・初経が早い・閉経が遅い・出産歴がない・肥満・糖尿病・高血圧など、女性ホルモンのバランスが崩れやすいと発症しやすいという特徴があります。

子宮体がんの治療法

 子宮体がんの治療は、他の臓器への転移を防ぐため、基本的に子宮の全摘手術及び卵巣・卵管の摘出手術を行います。

手術後は、子宮外(腹膜・リンパ節など)にガンが転移している場合や、再発を防ぐ目的で、放射線療法化学療法を行うことが多いです。

ただし、妊娠を希望している女性の場合は、ごく早期の子宮体がんであれば、プロゲステロンによるホルモン療法を行うことで、妊娠出産が可能になるケースがあります。

ページの一番上へ>          次のページ→月経困難症
サイトのTOPページへ

サイトマップ】【お問い合わせ

当サイト内の内容・構成・デザイン・テキスト、画像の無断転載・複製(コピー)は一切禁止です。
Copyright All Reserved by 腹痛・下痢・便秘の症状がある病気 Since 2012/1/25-