子宮頸がん

子宮頸がん−【腹痛下痢便秘症状病気】

子宮頸がんの症状

子宮頸がん 子宮頸がんは、不正出血・性交時の出血・おりものの増加などの症状がでる病気です。

進行すると、下腹部痛・腰痛・下肢痛・血尿・血便・排尿障害が現れることもあります。

 子宮はお酒を入れる「とっくり」をさかさまにしたような形をしていますが、子宮の膣に近い部分(頸部)にガンが発生すると、子宮頸がんと診断されます。

子宮頸がんは、40、50代に最も多い病気ですが、20代の人や80歳以上の人にもみられます。

子宮頸がんの原因

 子宮頸がんの原因の多くは、性交渉によるヒトパピローマウィルス(HPV)の感染によるものです。子宮頸がん患者の90%以上からこのウイルスが発見されます。

しかし、ヒトパピローマウイルスに感染したとしても、通常は自己免疫により2年ぐらいで自然と消えていくのですが、中には強力なタイプがいて、何らかの他の要因が加わることで、子宮頸がんを発症してしまいます。

感染を防ぐための主な方法は、コンドームの着用があげられます。そして、不特定多数の相手との性交渉はしないなども重要です。パートナーとともに清潔を心がけることも有効といわれています。

子宮頸がんの治療法

 子宮頸がんの治療法は、ガンの進行度合いによって変わります。

最も早期で発見された場合には、子宮頸部だけを円錐形(えんすいけい)に切り取る円錐切除術を行うことで、術後に妊娠の可能性を残すことができます。その他、レーザー治療を行うこともあります。

妊娠の希望がない場合や、ある程度ガンが進行している場合は、他の臓器への転移を防ぐためにも、子宮の全摘手術を行います。

ページの一番上へ>          次のページ→子宮体がん
サイトのTOPページへ

サイトマップ】【お問い合わせ

当サイト内の内容・構成・デザイン・テキスト、画像の無断転載・複製(コピー)は一切禁止です。
Copyright All Reserved by 腹痛・下痢・便秘の症状がある病気 Since 2012/1/25-