子宮筋腫

子宮筋腫−【腹痛下痢便秘症状病気】

子宮筋腫の症状

子宮筋腫 子宮筋腫は、下腹部の張りや痛み・月経痛・月経困難・不正出血・下腹部のしこり・貧血・動悸・頻尿などの症状がでる病気です。

筋腫というのは、筋肉にできる良性の腫瘍のことで、子宮の筋肉の一部に腫瘍ができると、子宮筋腫と診断されます。

成人女性の20〜30%は子宮筋腫を持っていると言われており、特に珍しい病気ではありません。

子宮筋腫の原因

 子宮筋腫の原因はまだはっきりとはわかっていませんが、女性ホルモンが関係しているといわれています。

子宮筋腫の治療法

 子宮筋腫は良性の腫瘍で、ガンに発展することはないので、特に症状が出ていない場合や、筋腫が小さい場合は、特に治療をせず経過を観察します。

筋腫が大きくなって他の臓器を圧迫し、さまざまな症状がでている場合や、筋腫が小さくても重い症状がある場合は、手術により筋腫を摘出します。

手術では、妊娠を希望している場合は、妊娠の可能性を残すため、筋腫だけを取り除く子宮筋腫核手術を行います。妊娠を希望しない場合は、他の婦人科系の病気のリスクを減らすためにも、子宮の全摘手術を行います。

ページの一番上へ>          次のページ→子宮頸がん
サイトのTOPページへ

サイトマップ】【お問い合わせ

当サイト内の内容・構成・デザイン・テキスト、画像の無断転載・複製(コピー)は一切禁止です。
Copyright All Reserved by 腹痛・下痢・便秘の症状がある病気 Since 2012/1/25-