慢性膀胱炎

慢性膀胱炎

慢性膀胱炎の症状

慢性膀胱炎 慢性膀胱炎は、排尿時の痛み・下腹部の痛み・頻尿・尿が濁るなどの症状がでる病気です。

慢性膀胱炎の場合には、急性膀胱炎と違い、はっきりとした症状があるわけではなく、なんとなく鈍い痛みが続いているという程度の場合もあります。

男性より尿道が短い女性の方が細菌に感染しやすく、女性は膀胱炎になりやすいという特徴があります。

慢性膀胱炎の原因

 慢性膀胱炎の原因は、急性膀胱炎と同じように、大腸菌やブドウ球菌などの細菌が原因となっている場合が多いです。

しかし慢性膀胱炎の場合は、細菌によるものの他に、前立腺肥大症・前立腺がん・膀胱結石・膀胱腫瘍・尿道の狭窄・神経因性膀胱など、膀胱周辺の他の病気が関係している場合が多いという特徴があります。

がんに対する放射線治療後に起こる、放射線性膀胱炎の場合もあります。

慢性膀胱炎の治療法

 膀胱炎の治療の基本は、排尿による自浄作用を促すために、水分を多く摂り排尿を促します。たくさん排尿をするだけで治癒する場合も多くあります。炎症が強く症状が重い場合は、抗菌薬を服用することもあります。

 慢性膀胱炎の場合は、膀胱周辺の他の病気が関係していることが多いため、原因となる病気の治療も併行して行います。

ページの一番上へ>          次のページ→子宮付属器炎
サイトのTOPページへ

サイトマップ】【お問い合わせ

当サイト内の内容・構成・デザイン・テキスト、画像の無断転載・複製(コピー)は一切禁止です。
Copyright All Reserved by 腹痛・下痢・便秘の症状がある病気 Since 2012/1/25-