急性膀胱炎

急性膀胱炎

急性膀胱炎の症状

急性膀胱炎 急性膀胱炎は、排尿時の痛み・下腹部の痛み・頻尿・尿が濁る・血尿などの症状がでる病気です。

排尿時の痛みは、排尿が終わる頃に強くなるという特徴があります。

男性より尿道が短い女性の方が細菌に感染しやすく、女性は膀胱炎になりやすいという特徴があります。

急性膀胱炎の原因

 急性膀胱炎は、大腸菌やブドウ球菌などの細菌が原因となっている場合がほとんどです。

通常細菌が膀胱に感染したとしても、排尿すると同時に細菌を尿と一緒に排出する自浄作用が働くのですが、排尿を我慢したり、身体の抵抗力が弱っているとき、性交渉などにより、細菌が増殖し炎症を起こし膀胱炎になるのです。

 細菌以外の原因としては、お薬(抗アレルギー薬など)の副作用や、子供はアデノウイルスの感染によって、膀胱炎になりやすい傾向があります。

急性膀胱炎の治療法

 膀胱炎の治療の基本は、排尿による自浄作用を促すために、水分を多く摂り排尿を促します。たくさん排尿をするだけで治癒する場合も多くあります。炎症が強く症状が重い場合は、抗菌薬を服用することもあります。

 薬の副作用が原因の場合は、そのお薬の服用を止めることで治癒します。アデノウイルスの感染が原因の場合は、何もしなくても、10日程度で自然治癒します。

ページの一番上へ>          次のページ→慢性膀胱炎
サイトのTOPページへ

サイトマップ】【お問い合わせ

当サイト内の内容・構成・デザイン・テキスト、画像の無断転載・複製(コピー)は一切禁止です。
Copyright All Reserved by 腹痛・下痢・便秘の症状がある病気 Since 2012/1/25-