過敏性腸症候群

過敏性腸症候群−【腹痛下痢便秘症状病気】

過敏性腸症候群の症状

過敏性腸症候群 過敏性腸症候群は、ストレス性の腹痛・下痢・便秘・ガス・腹鳴などの症状がでる病気です。

精神的な影響が強い病気ですので、頭痛・めまい・不安・イライラ・動悸・倦怠感などの精神症状がでることもあります。人によって症状の出方はさまざまです。

日本人は過敏性腸症候群になりやすい民族で、症状の強い弱いはさまざまですが、日本人の約1割は過敏性腸症候群だといわれております。

過敏性腸症候群の原因

 過敏性腸症候群の原因はまだはっきりとはわかっていませんが、自律神経失調症やストレス、トラウマなどが原因だといわれています。

消化器官などの身体的な疾患が原因ではなく、精神的な異常が腹痛などの症状となって現れることが特徴です。

過敏性腸症候群の治療法

 過敏性腸症候群は、生活習慣の改善・食事療法・薬物療法を行います。

心理的なストレスを取り除き、消化器官にやさしい健康的な食生活を続け、下痢や便秘などの症状の出方によって、処方するお薬を使い分けます。

一般的に、便の水分を調整するポリフル(ポリカルボフィルカルシウム)や、整腸剤・下剤などを処方します。

不安感や抑うつ感など、精神的な症状が強い場合には、精神安定剤抗うつ薬を処方することもあります。

< 参考サイト >
腹痛そして下痢。過敏性腸症候群(IBS)に勝つ! / 過敏性腸症候群【私はIBSです。】

ページの一番上へ>          次のページ→移動盲腸
サイトのTOPページへ

サイトマップ】【お問い合わせ

当サイト内の内容・構成・デザイン・テキスト、画像の無断転載・複製(コピー)は一切禁止です。
Copyright All Reserved by 腹痛・下痢・便秘の症状がある病気 Since 2012/1/25-