虚血性大腸炎

虚血性大腸炎−【腹痛下痢便秘症状病気】

虚血性大腸炎の症状

虚血性大腸炎 虚血性大腸炎は、急な激しい腹痛・下痢・下血などの症状がでる病気です。

2週間以内に症状が消えることが多いという特徴があります。

 虚血性大腸炎は、何らかの原因で大腸に正常な量の血液が送られなくなり、虚血状態(血液が少ない状態)になり、大腸の粘膜に、発赤・むくみ・びらん潰瘍・壊死などを生じる病気です。

虚血性大腸炎の原因

 血管が硬くなり血液がうまく流れない動脈硬化になる病気(糖尿病・高血圧・心臓の疾患)などを患っていて、それに加え便秘などで、腸内の圧力が高くなることが原因と言われています。

虚血性大腸炎の治療法

 虚血性大腸炎は、重症度から一過性型→狭窄型→壊死型に分類されます。

一過性型や狭窄型の場合は、安静と絶食をして、点滴・抗菌薬を服用し、炎症を鎮めます。腹痛には、鎮痛薬鎮痙薬などの対処療法を行います。

狭窄型で狭窄が強い場合や、重症度の高い壊死型の場合は、大腸の切除手術を行う場合もあります。

ページの一番上へ>          次のページ→クローン病
サイトのTOPページへ

サイトマップ】【お問い合わせ

当サイト内の内容・構成・デザイン・テキスト、画像の無断転載・複製(コピー)は一切禁止です。
Copyright All Reserved by 腹痛・下痢・便秘の症状がある病気 Since 2012/1/25-