腎臓がん

腎臓がん−【腹痛下痢便秘症状病気】

腎臓がんの症状

腎臓がん 腎臓がんは、右・左側腹部の痛み・血尿・しこりなどの症状がでる病気です。

初期の頃はほとんど症状がでないという特徴があります。

 腎臓から発生する悪性腫瘍の中で最もよく見られる腫瘍で、10万人に3人の割合で発症し、胃癌や大腸癌に比べればそれほど多い癌ではありません。

50才以上の高齢者に発生しやすく,男女では男性の方が女性の2倍以上罹患しやすい病気です。

腎臓がんの原因

 腎臓癌の原因は、まだはっきりとは分かっていません。今のところ、腎臓ガンの発生を予防することはできませんので、早期発見とできるだけ早い治療が大切です。

腎臓がんの治療法

 ガンになった場合、 放射線療法や抗癌剤治療が有効な場合が多いですが、腎臓ガンの場合はあまり有効ではなく、開腹手術による手術療法が基本です。

手術する場合は、ガンの進行度合いにより、腎臓を全摘する場合と、部分的に摘出する場合があります。

腎臓は2つありますので、片方を全摘したとしても、もう片方の腎臓が正常である場合は、特に問題なく日常生活を送ることも可能です。

ページの一番上へ>          次のページ→腎臓結石
サイトのTOPページへ

サイトマップ】【お問い合わせ

当サイト内の内容・構成・デザイン・テキスト、画像の無断転載・複製(コピー)は一切禁止です。
Copyright All Reserved by 腹痛・下痢・便秘の症状がある病気 Since 2012/1/25-