水腎症

水腎症−【腹痛下痢便秘症状病気】

水腎症の症状

水腎症 水腎症は、右・左側腹部の痛み・繰り返す痛みなどの症状がでる病気です。

腎臓は2つありますが、両方の尿路が塞がれた場合は、急性腎不全になる危険性があります。

水腎症の原因

 水腎症は、腎臓・尿管・膀胱・尿道のいづれかが、他の病気や何らかの原因で尿が詰まってしまい、尿が溜まり、腎臓の血流障害が起こり、腎臓が萎縮してしまう状態のことをいいます。

 先天性後天性のものがあり、後天性のものでは、腎尿路の結石や腫瘍、炎症などが考えられます。

水腎症の治療法

 水腎症を引き起こしている原因により治療法は異なります。原因となる疾患を治療することで、水腎症から回復することができます。

水腎症の進行度合いによって治療法は異なりますが、場合によっては腎臓を摘出することもあります。

ページの一番上へ>          次のページ→腎臓がん
サイトのTOPページへ

サイトマップ】【お問い合わせ

当サイト内の内容・構成・デザイン・テキスト、画像の無断転載・複製(コピー)は一切禁止です。
Copyright All Reserved by 腹痛・下痢・便秘の症状がある病気 Since 2012/1/25-