直腸がん

直腸がん−【腹痛下痢便秘症状病気】

直腸がんの症状

直腸がん 直腸がんは、左上腹部の痛み・下痢・便秘・血便・発熱などの症状がでる病気です。排便時に、血に染まった真っ赤な鮮血がでることがあります。

初期ではほとんど症状がでないという特徴があり、下血をしてもと勘違いして、発見が遅れることがしばしばあります。

直腸がんは、大腸がんの約4割を占め、60歳代に多く見られます。男女差はありません。

直腸がんの原因

 直腸がんの原因は、まだはっきりとはわかっていませんが、食生活の欧米化による、脂肪分やたんぱく質の摂りすぎが原因と考えられています。

また、日本人も肉食になってきて、野菜をあまりとらなくなったことによる腸内環境の悪化も、直腸がんを発生させやすい要因と考えられています。

直腸がんの治療法

 基本的にはがんを切除するために、内視鏡治療や開腹手術を行います。また、抗がん剤による化学療法放射線療法を合わせて行う場合があります。

ガンが組織の奥深くまで進行している場合は、直腸を切除し、人工肛門を設置します。

ページの一番上へ>          次のページ→慢性胃炎
サイトのTOPページへ

サイトマップ】【お問い合わせ

当サイト内の内容・構成・デザイン・テキスト、画像の無断転載・複製(コピー)は一切禁止です。
Copyright All Reserved by 腹痛・下痢・便秘の症状がある病気 Since 2012/1/25-