膵石症

膵石症−【腹痛下痢便秘症状病気】

膵石症の症状

膵石症 膵石症は、持続性の腹痛・背中の痛み・吐き気・嘔吐・食欲不振・体重の減少などの症状がでる病気です。

飲酒後や食事後の腹痛、背部痛として症状がでやすいという特徴があります。また、前かがみになると痛みが軽減することが多いという特徴もあります。

膵石症の原因

 膵石症の原因は、アルコールの過剰摂取・脂肪分の多い食事などが原因であると考えられています。

膵石とは、膵臓内にできた石(結石)のことをいい、主成分は炭酸カルシウムでできています。

慢性膵炎と診断された患者さんの約40%にみられ、慢性膵炎の進行に伴って合併する頻度が高くなります。

 アルコール性の膵石の場合、膵臓全体に小結石が分布することが多く、原因不明の特発性膵炎の場合、比較的大きな膵石が限られた部位に分布することが多いという特徴があります。

膵石症の治療法

 膵石症の治療は、基本的には安静にして、禁酒食事療法薬物療法を行います。薬物療法では、膵酵素阻害薬鎮痛薬などにより急性の炎症を抑えます。

それでも症状が良くならない場合には、体外衝撃波結石破砕療法内視鏡治療、外科手術により、体内から膵石を取り除きます。

ページの一番上へ>          次のページ→すい臓がん
サイトのTOPページへ

サイトマップ】【お問い合わせ

当サイト内の内容・構成・デザイン・テキスト、画像の無断転載・複製(コピー)は一切禁止です。
Copyright All Reserved by 腹痛・下痢・便秘の症状がある病気 Since 2012/1/25-