急性膵炎

急性膵炎−【腹痛下痢便秘症状病気】

急性膵炎の症状

急性膵炎 急性膵炎は、左上腹部の痛み・背中の痛み・肩の痛み・下痢・嘔吐・発熱などの症状がでる病気です。

痛みははじめから激しい痛みがある場合と、少しずつ痛みが強くなる場合があります。

背中を丸めると痛みが和らぐという特徴があります。

急性膵炎の原因

 成人の急性膵炎の原因は、アルコール胆石症が2大成因とされています。その他の原因としては、脂肪食や暴飲暴食があります。

 膵臓から分泌される消化酵素である膵液が、膵臓そのものを消化したり、周囲の細胞を消化したりすることによって炎症が起こります。

急性膵炎の治療法

 急性膵炎の治療の基本は、安静にして絶飲絶食をし、膵臓を休ませます。その際、栄養補給と水分補給のため、点滴を行います。

腹痛などの痛みに対しては、鎮痛薬を適宜使用します。また、膵液の働きを抑える蛋白分解酵素阻害薬もよく使われます。軽症と中等症の多くは、このような基本治療で軽快します。

 膿瘍嚢胞ができている場合は、取り除く外科的手術をしたり、胆石が詰まっている場合は、内視鏡手術により胆石を取り除きます。

ページの一番上へ>          次のページ→慢性膵炎
サイトのTOPページへ

サイトマップ】【お問い合わせ

当サイト内の内容・構成・デザイン・テキスト、画像の無断転載・複製(コピー)は一切禁止です。
Copyright All Reserved by 腹痛・下痢・便秘の症状がある病気 Since 2012/1/25-