胆道感染症

胆道感染症−【腹痛下痢便秘症状病気】

胆道感染症の症状

胆道感染症 胆道感染症は>、右上腹部の痛み・背中の痛み・吐き気・嘔吐などの症状がでる病気です。

発熱や黄疸がでることもあります。

胆道感染症の原因

 胆道感染症のほとんどが、胆嚢から胆汁を導く管が胆石や腫瘍によって塞がれたことが原因で起こります。

胆汁の流れがさえぎられると、胆汁が溜まり、そこに大腸菌や腸内細菌などの細菌が感染して炎症を起こします。

細菌に感染した場所が、胆嚢なら急性胆嚢炎、胆管なら急性胆管炎と呼ばれますが、両者を合併していることもよくあります。

胆道感染症の治療法

 炎症が軽度の場合は、安静にして絶食し、点滴による栄養補給と水分補給を行うだけで治ります。痛みや炎症に対して、鎮痛薬抗菌薬をつかうこともあります。

 炎症がひどい場合には、胆嚢に溜まった胆汁を体外に排出するため、ドレナージを行います。場合によっては、胆嚢の摘出手術を行う場合もあります。

ページの一番上へ>          次のページ→胆嚢がん
サイトのTOPページへ

サイトマップ】【お問い合わせ

当サイト内の内容・構成・デザイン・テキスト、画像の無断転載・複製(コピー)は一切禁止です。
Copyright All Reserved by 腹痛・下痢・便秘の症状がある病気 Since 2012/1/25-