肝膿瘍

肝膿瘍−【腹痛下痢便秘症状病気】

肝膿瘍の症状

肝膿瘍 肝膿瘍は、右上腹部の痛み・肝臓の腫れ・発熱・胸部痛・黄疸・倦怠感・食欲不振・体重減少・悪寒・呼吸困難などの症状がでる病気です。

 進行すると、ショックや敗血症・多臓器不全などを引き起こし、死に至る事もあります。

肝膿瘍の原因

 肝膿瘍は、肝臓の中に細菌やアメーバの感染によって化膿した部分(膿瘍)ができることで、肝臓内に膿瘍(うみが貯留した袋)を形成する病気の総称です。

 肝膿瘍の種類は、細菌が原因となっている化膿性肝膿瘍と、赤痢アメーバ原虫が原因のアメーバ性肝膿瘍があります。日本では、約90%が化膿性肝膿瘍です。

  化膿性肝膿瘍は、胆石症胆嚢がん大腸憩室症虫垂炎などに合併して起こることが多いという特徴があります。

 アメーバ性肝膿瘍は、赤痢アメーバ原虫が肝臓に運ばれて起こります。日本ではあまり見られませんが、熱帯地方で、赤痢アメーバ原虫に感染した食べ物を飲食したり、性行為を行うことによって発病します。

肝膿瘍の治療法

 化膿性肝膿瘍の場合は、溜まった膿を体外に排出するため、ドレナージを行います。また、炎症を鎮めるため抗生剤を投与します。

 アメーバ性肝膿瘍では、メトロニダゾール(フラジール)を投与して、赤痢アメーバ原虫を死滅させます。

ページの一番上へ>          次のページ→肝嚢胞
サイトのTOPページへ

サイトマップ】【お問い合わせ

当サイト内の内容・構成・デザイン・テキスト、画像の無断転載・複製(コピー)は一切禁止です。
Copyright All Reserved by 腹痛・下痢・便秘の症状がある病気 Since 2012/1/25-