うっ血肝

うっ血肝−【腹痛下痢便秘症状病気】

うっ血肝の症状

うっ血肝 うっ血肝は、右上腹部(肝臓)の痛み・腹水などの症状がでる病気です。

他にも、黄疸・全身のむくみ・心臓肥大・呼吸困難・チアノーゼなどの症状がでることもあります。

 うっ血というのは、血が溜まるということを意味し、うっ血肝は、肝臓に血が溜まった状態のことをいいます。

うっ血肝の原因

 うっ血肝は、心筋梗塞・心不全・心臓弁膜症・肺炎・肺梗塞など、心臓の働きが弱くなり、心臓のポンプ作用が弱くなっていると、肝臓の血液が心臓へ送られずに肝臓に血が溜まったままになってしまうことが原因です。

 肝臓は、心臓から送り出される血液の約1/4を供給されているため、心臓のポンプ作用が低下すると、非常に影響を受けやすい臓器なのです。

 うっ血により、肝臓が圧迫され酸素不足となり、肝臓の細胞が障害を受け、さまざまな肝臓の疾患が起こります。

うっ血肝の治療法

 うっ血肝になるのは、心臓の疾患が原因ですので、心臓疾患の治療を行います。それに伴って、肝臓の細胞を保護するために、安静に加え、食事の減塩指導および強心薬利尿薬などを服用することもあります。

ページの一番上へ>          次のページ→肝膿瘍
サイトのTOPページへ

サイトマップ】【お問い合わせ

当サイト内の内容・構成・デザイン・テキスト、画像の無断転載・複製(コピー)は一切禁止です。
Copyright All Reserved by 腹痛・下痢・便秘の症状がある病気 Since 2012/1/25-