腹部大動脈瘤

腹部大動脈瘤−【腹痛下痢便秘症状病気】

腹部大動脈瘤の症状

腹部大動脈瘤 腹部大動脈瘤は、ほとんどの場合症状がありませんが、大動脈にできた瘤が大きくなると、しこりなどの違和感・腹痛・腰痛などの症状がでる病気です。

 瘤が破裂すると、強い腹痛・腰痛・背中痛が起こり、出血性のショック状態に陥り、死亡することもあります。

 腹部大動脈瘤は、大動脈瘤全体の2/3を占め、男性に多い病気です。65歳以上の男性の2~3%に発症すると言われています。

  「大動脈」というのは、全身に血液を送る太い血管のことで、横隔膜より下の大動脈を、腹部大動脈と呼びます。

腹部大動脈瘤では、腹部大動脈にができ膨らんだ状態になります。瘤はだんだんと膨らんできて、放っておくと破裂することがあります。

 破裂する可能性は、直径4cm以下の瘤では2%以下ですが、直径が5cm以上になると、2年以内に破裂する可能性が22%になります。

腹部大動脈瘤の原因

 腹部大動脈瘤の原因は、今のところはっきりとはわかっていません。

ただ、高血圧や家族に大動脈瘤になったことがある人がいる場合は、大動脈瘤になりやすいといわれています。家族的、遺伝的傾向が認められています。

腹部大動脈瘤の治療法

 現在のところ、動脈瘤を小さくしたり治したりする治療法はありませんので、基本的には外科的手術によって、動脈瘤のある血管ごと切除することが基本です。切除した部分には、人工血管を設置する、大動脈の置換術を行います。

手術によって動脈瘤を切除した場合、5年生存率は70%に向上します。瘤が破裂してからの緊急手術では、生存率40〜50%です。

 瘤が小さい場合や、合併症や手術に耐えうるかという問題がある場合は、降圧薬を服用し、瘤が破裂しないようにします。

ページの一番上へ>          次のページ→胸膜炎
サイトのTOPページへ

サイトマップ】【お問い合わせ

当サイト内の内容・構成・デザイン・テキスト、画像の無断転載・複製(コピー)は一切禁止です。
Copyright All Reserved by 腹痛・下痢・便秘の症状がある病気 Since 2012/1/25-