潰瘍性大腸炎

潰瘍性大腸炎−【腹痛下痢便秘症状病気】

潰瘍性大腸炎の症状

潰瘍性大腸炎 潰瘍性大腸炎は、繰り返す腹痛・下痢・粘血便・発熱などの症状がでる病気です。

 潰瘍性大腸炎は大腸の粘膜に、潰瘍びらんができる病気で、下痢や腹痛などの症状が日常的にみられ、症状が強くなったり落ち着いたりを長期間繰り返します。

乳児から高齢者まで幅広い年齢層で発症し、日本では難病に指定されています。日本での患者数は10万人を超え、毎年少しずつ増えています。

潰瘍性大腸炎の原因

 潰瘍性大腸炎の原因は、いまだはっきりとはわかっていません。

これまでの研究で、腸内細菌の関与や本来は外敵から身を守る免疫機構が正常に機能しない自己免疫反応の異常、あるいは食生活の変化、アレルギーなどが考えられています。

潰瘍性大腸炎の治療法

 内科的治療では、大腸粘膜の異常な炎症を抑え、症状をコントロールするお薬を服用します。潰瘍性大腸炎の治療では、お薬で病気をコントロールすることが基本ですが、大量出血がみられる場合や、穿孔(あな)があいたり、潰瘍がガン化している場合などは、外科的手術を行います。

手術は大腸の全摘が基本となり、以前は人工肛門を設置していましたが、現在では肛門を温存する手術が一般的です。

ページの一番上へ>          次のページ→虚血性大腸炎
サイトのTOPページへ

サイトマップ】【お問い合わせ

当サイト内の内容・構成・デザイン・テキスト、画像の無断転載・複製(コピー)は一切禁止です。
Copyright All Reserved by 腹痛・下痢・便秘の症状がある病気 Since 2012/1/25-