感染性腸炎

感染性腸炎−【腹痛下痢便秘症状病気】

感染性腸炎の症状

感染性腸炎 感染性腸炎は、発熱を伴った下痢・腹痛・吐き気・嘔吐・下血などの症状がでる病気です。

 原因となる微生物には細菌、ウイルス、原虫、寄生虫などがあります。これらの微生物が腸の粘膜に入り込んだり、表面で毒素を産生することによって症状を起こします。

感染性腸炎の原因

 感染性腸炎の原因は、夏には細菌性の腸炎が多く、冬にはウイルス性の腸炎が多くなります。

 細菌性では、サルモネラ・黄色ブドウ球菌・カンピロバクター・腸炎ビブリオ・病原性大腸菌などがあります。

 ウイルス性では、成人ではノロウイルスが多く、小児ではロタウイルスが多いです。他にもエンテロウイルスなどがあります。

感染性腸炎の治療法

 症状が軽い場合は、スポーツドリンクなどを飲み、安静にしているだけで治ります。下痢をしているからといって、むやみに下痢止めを服用すると、体内に毒素をためてしまい、悪化してしまうことがあるので、個人判断で薬を服用することはやめましょう。

 症状が強く脱水症状が強い場合は、病院で腹痛を抑える鎮痙薬や、嘔吐を抑える制吐薬が用いられますが、下痢は基本的に止めません。栄養補給と水分補給のために、点滴をすることもあります。

ページの一番上へ>          次のページ→腸閉塞(イレウス)
サイトのTOPページへ

サイトマップ】【お問い合わせ

当サイト内の内容・構成・デザイン・テキスト、画像の無断転載・複製(コピー)は一切禁止です。
Copyright All Reserved by 腹痛・下痢・便秘の症状がある病気 Since 2012/1/25-