虫垂炎

虫垂炎−【腹痛下痢便秘症状病気】

虫垂炎の症状

虫垂炎 虫垂炎は、上腹部の痛み・へそ周辺の痛み・吐き気・便秘・下痢・発熱などの症状がでる病気です。

 虫垂炎は、盲腸から出ている細長い器官である虫垂に炎症が起きる病気です。

 昔は「盲腸」あるいは「盲腸炎」という名前で呼ばれていましたが、昔は虫垂炎の発見が遅れ、炎症が盲腸まで広がった状態で発見されたケースが多かったためです。

乳幼児や高齢者には比較的少なく、10〜20代の若者に多く、男女差はみられません。

虫垂炎の原因

 虫垂炎の原因は、まだはっきりとはわかっていませんが、糞便(糞石)や異物などで虫垂の入り目がふさがったり、狭くなることで、細菌が繁殖して感染を起こし、急性の炎症が起こると考えられています。

虫垂炎の治療法

 虫垂炎は、外科的手術によって虫垂を切除することが基本です。

化膿した虫垂は、症状が出現してから24時間以内に破裂しますので、虫垂炎とわかればすぐに切除します(虫垂切除術)。

昔は虫垂の破裂によって死亡するケースが多くありました。しかし現在では、手術と抗生物質によって、虫垂炎による死亡率はほとんどゼロに近づいています。

ページの一番上へ>          次のページ→腸間膜動脈閉塞症
サイトのTOPページへ

サイトマップ】【お問い合わせ

当サイト内の内容・構成・デザイン・テキスト、画像の無断転載・複製(コピー)は一切禁止です。
Copyright All Reserved by 腹痛・下痢・便秘の症状がある病気 Since 2012/1/25-