慢性膵炎

慢性膵炎−【腹痛下痢便秘症状病気】

慢性膵炎の症状

慢性膵炎 慢性膵炎は、腹痛・背中の痛み・肩の痛み・下痢・倦怠感などの症状がでる病気です。

他にも、多飲・多尿・黄疸などが見られることもあります。

慢性膵炎の原因

 慢性膵炎の原因は、約70%がアルコールによるもの、原因不明が約20%、胆石症によるものが約3%です。

 慢性膵炎は、持続的に起こる膵炎を繰り返しているうちに、すい臓が破壊され繊維化や石灰化が起こって、膵臓が固くなります。破壊された膵臓の組織は、元に戻りません。

慢性膵炎の治療法

 アルコールが原因の場合は、禁酒をします。胆石が原因の場合は、胆石を取り除く手術をします。最近では体外から衝撃波を当てて、胆石を細かく砕いて体外から流してしまう体外衝撃波治療も行われています。

 すい臓の働きが弱ってしまい糖尿病を合併している場合は、インスリンを補充して、糖尿病の治療も併行して行います。

 お薬は痛みを鎮める鎮痛薬や、膵液の働きを抑える膵酵素阻害薬、感染症を防ぐために、抗生物質などを服用します。

ページの一番上へ>          次のページ→虫垂炎
サイトのTOPページへ

サイトマップ】【お問い合わせ

当サイト内の内容・構成・デザイン・テキスト、画像の無断転載・複製(コピー)は一切禁止です。
Copyright All Reserved by 腹痛・下痢・便秘の症状がある病気 Since 2012/1/25-