心筋梗塞

心筋梗塞−【腹痛下痢便秘症状病気】

心筋梗塞の症状

心筋梗塞 心筋梗塞は、激しい胸の痛み・上腹部の腹痛などの症状がでる病気です。

特に胸の痛みはとても強く、誰もが体験したことのないような、締め付けられるような痛みがあるのが特徴的です。痛みの持続時間が長く、30分以上続くこともあります。

他にも、首・背中・左腕などにも痛みがでることがあります。痛み以外の症状では、吐き気・嘔吐・冷や汗・呼吸困難などがあります。

体験したことのない痛みが襲いますので、恐怖感と不安感からパニック状態に陥ってしまうこともあります。

心筋梗塞の原因

 心臓に栄養を送っている大きな血管を冠動脈といいますが、動脈硬化が起こると、この冠動脈の内部に血栓(プラーク)ができ、血管が狭くなり、血が流れにくくなります。すると、心臓が虚血状態(酸素不足)になり、強い痛みがでます。

冠動脈の血流が数分間悪くなり、自然と元に戻る状態を狭心症といい、冠動脈が完全に塞がってしまい、心筋が壊死してしまった状態を、心筋梗塞と言います。

 心筋梗塞の原因はさまざまで、高血圧・高コレステロール血症・糖尿病・高尿酸血症・喫煙・肥満・ストレス・運動不足・加齢・遺伝・男性である・透析・歯周病などがあります。

心筋梗塞の治療法

 心筋梗塞は、発作後の急性期には、致死的不整脈を合併し、死亡する危険性が非常に高いので、発作が起こったらすぐに救急車を呼び、緊急入院をします。

 心筋梗塞は、心臓の酸素不足が原因のため、絶対安静をし酸素吸入を行います。また、鎮痛および体の酸素消費低下目的で、モルヒネを投与する場合もあります。

 心筋梗塞の治療では、冠動脈につまった血栓を溶かす(再灌流療法 )、血栓を吸引する方法、狭くなった冠動脈を新たに形成する方法(経皮的冠動脈形成術PCI)があります。

どれを行うかは医師の判断によりますが、血栓を防ぐために、アスピリンやヘパリンなどの抗血栓薬を用います。

ページの一番上へ>          次のページ→狭心症
サイトのTOPページへ

サイトマップ】【お問い合わせ

当サイト内の内容・構成・デザイン・テキスト、画像の無断転載・複製(コピー)は一切禁止です。
Copyright All Reserved by 腹痛・下痢・便秘の症状がある病気 Since 2012/1/25-