急性胃粘膜病変(AGML)

急性胃粘膜病変(AGML)−【腹痛下痢便秘】

急性胃粘膜病変の症状

急性胃粘膜病変 急性胃粘膜病変は、上腹部の腹痛・下血・吐血などの症状がでる病気です。

 内視鏡検査で、胃や十二指腸に多くの急性潰瘍、びらん、急性胃炎などが認められれば、急性胃粘膜病変(AGML)と診断されます。

急性胃粘膜病変の原因

 急性胃粘膜病変(AGML)の原因はさまざまありますが、精神的ストレスや手術や怪我、やけどなどの肉体的ストレス、鎮痛薬や解熱薬などの薬物の副作用、アルコール・香辛料などの多量摂取により起こります。

他にも、アニサキス(胃アニサキス症)に感染したり、ヘリコバクター・ピロリ菌の感染によっても発症します。

急性胃粘膜病変の治療法

 原因となった食物や薬物が分かれば、即中止します。症状が軽い場合は、絶食と安静にするだけで回復します。症状が重い場合は、胃酸の影響を抑えるために、制酸薬・H2受容体拮抗薬(H2ブロッカー)・プロトンポンプ阻害薬(PPI)・胃粘膜保護薬などを服用して、回復を待ちます。

ページの一番上へ>          次のページ→胃潰瘍
サイトのTOPページへ

サイトマップ】【お問い合わせ

当サイト内の内容・構成・デザイン・テキスト、画像の無断転載・複製(コピー)は一切禁止です。
Copyright All Reserved by 腹痛・下痢・便秘の症状がある病気 Since 2012/1/25-