胃アニサキス症

胃アニサキス症−【腹痛下痢便秘症状病気】

胃アニサキス症の症状

胃アニサキス症 胃アニサキス症は、激しい胃の痛み・上腹部の腹痛・嘔吐などの症状がでる病気です。

 食べたものの寄生虫によって症状がでますので、食中毒と間違われることが多いのですが、胃アニサキス症は食中毒と違い、発熱や下痢を伴いません。

胃アニサキス症の原因

 アニサキス類(アニサキス、シュードテラノーバなど)の幼虫が寄生した魚類(マサバ、スケソウダラ、マアジ、スルメイカなど)を食べることによって発症します。

 アニサキスの幼虫が寄生した魚類を食べることによって、胃の壁にアニサキスの幼虫が食らいついたり、もぐりこんだりして、アレルギー反応が起こります。

アレルギー反応ですので、アニキサスの幼虫を食べたからといって、すべての人に症状がでるわけではありません。

胃アニサキス症の治療法

 胃アニサキス症の治療は、内視鏡でアニサキスの幼虫を摘出することで治療します。アニサキスの幼虫は、直径0.5ミリメートル、長さ2センチメートルほどの白い細長い糸のような形をしているので、医師であれば難なくつまみあげることができます。

胃の壁に食いついているアニサキスを除去すると、途端に痛みは消失します。また、この病気に効く薬はありません。

ページの一番上へ>          次のページ→急性胃粘膜病変
サイトのTOPページへ

サイトマップ】【お問い合わせ

当サイト内の内容・構成・デザイン・テキスト、画像の無断転載・複製(コピー)は一切禁止です。
Copyright All Reserved by 腹痛・下痢・便秘の症状がある病気 Since 2012/1/25-