慢性胃炎

慢性胃炎−【腹痛下痢便秘症状病気】

慢性胃炎の症状

慢性胃炎 慢性胃炎は、軽い腹痛・腹部の不快感・食欲不振などの症状がでる病気です。

しかし慢性胃炎は急性胃炎と違い、ほとんど自覚症状がない場合が多く、本人が気づいていないことが多い病気です。

慢性胃炎の原因

 慢性胃炎は、胃に刺激が繰り返し加わることで慢性的に炎症を起こしている状態です。原因としては、 過度の喫煙や飲酒・加齢による胃の老化・ピロリ菌の感染などが挙げられますが、慢性胃炎の原因の90%ピロリ菌の感染によるものです。

 通常胃の中は胃酸で酸性に保たれていますが、ピロリ菌は、胃酸を中和する酵素をだすことで、胃の中で生存できるのです。

慢性胃炎の治療法

 症状がほとんど出ていない場合は、特に治療をする必要はなく、栄養バランスのとれた食事と規則正しい生活を心がけていれば大丈夫です。

ただし、腹痛や吐き気などの症状が強い場合には、胃酸を抑える制酸薬や、胃粘膜保護薬などを服用します。

ページの一番上へ>          次のページ→胃アニサキス症
サイトのTOPページへ

サイトマップ】【お問い合わせ

当サイト内の内容・構成・デザイン・テキスト、画像の無断転載・複製(コピー)は一切禁止です。
Copyright All Reserved by 腹痛・下痢・便秘の症状がある病気 Since 2012/1/25-