急性胃炎

急性胃炎−【腹痛下痢便秘症状病気】

急性胃炎の症状

急性胃炎 急性胃炎は、みぞおち周辺の激しい腹痛・吐き気・嘔吐・発熱・吐血・下血などの症状がでる病気です。

 胃が炎症を起こしている状態で、内視鏡で確認すると、びらん潰瘍がみられることがあります。

急性胃炎の原因

 急性胃炎の原因は、怪我や疲労などの身体的ストレス、精神的ストレス、乱れた食生活、感染症、薬の服用による副作用、アレルギーなど、多岐に渡ります。

 これらの原因が単独の場合もあれば、いくつかの要因が重なっている場合もあります。

急性胃炎の治療法

 症状が軽い場合は、1日絶食し胃を休ませますが、スポーツドリンクなどで水分補給は欠かさずに行います。ほとんどの場合は、これで軽快していきます。

しかし、急性胃炎を引き起こす原因となるものを取り除かなければ、また発症する可能性が高いので、急性胃炎の原因が何なのか、突き止める必要があります。

 胃から出血している場合や、食べ物が全く食べられない場合は、入院による治療を行います。

 お薬による薬物療法を行いますが、胃酸分泌抑制薬と胃粘膜防御因子増強薬など、胃酸を抑える薬や胃の粘膜を保護するお薬が使用されます。同時に、点滴による栄養補給と水分補給を行います。

ページの一番上へ>          次のページ→慢性胃炎
サイトのTOPページへ

サイトマップ】【お問い合わせ

当サイト内の内容・構成・デザイン・テキスト、画像の無断転載・複製(コピー)は一切禁止です。
Copyright All Reserved by 腹痛・下痢・便秘の症状がある病気 Since 2012/1/25-