特発性食道破裂

特発性食道破裂−【腹痛下痢便秘症状病気】

特発性食道破裂の症状

特発性食道破裂 特発性食道破裂は、急な胸の痛み、上腹部の腹痛・呼吸困難などの症状がでる病気です。

特発性食道破裂は、嘔吐直後に症状が現れ、バットで殴られたような胸の痛みが発生します。

緊急手術が必要になることが多く、重症の場合は死に至ることもあります。

特発性食道破裂の原因

 特発性食道破裂はブールハヴィー症候群とも呼ばれ、主に飲酒後の嘔吐により食道内部の圧力が上昇し、食道が圧力に耐えられず破裂することによります。

嘔吐にはさまざまな原因が考えられますが、特発性食道破裂の場合は嘔吐が原因となることがほとんどです。

特発性食道破裂の治療法

 一般的には緊急手術を行います。胸を開き破裂した部分を縫合します。その後、血や傷口を洗浄しドレナージを行い、流出物をきれいにします。

軽度の場合は、抗生物質の服用などの内科的治療だけで、軽快することもあります。

ページの一番上へ>          次のページ→急性胃炎
サイトのTOPページへ

サイトマップ】【お問い合わせ

当サイト内の内容・構成・デザイン・テキスト、画像の無断転載・複製(コピー)は一切禁止です。
Copyright All Reserved by 腹痛・下痢・便秘の症状がある病気 Since 2012/1/25-