マロリーワイス症候群

マロリーワイス症候群−【腹痛下痢便秘症状病気】

マロリーワイス症候群の症状

マロリーワイス症候群 マロリーワイス症候群は、吐血・下血・みぞおち周辺の痛み・しみる感じなどの症状がでる病気です。

 大量に吐血した場合は精神的な影響も加わってショック状態となり、意識がもうろうとします。そして、食道の粘膜が裂けると激しい胸痛、首の痛み、呼吸困難などの症状がみられます。

マロリーワイス症候群の原因

 食中毒・乗り物酔い・妊娠のつわり・飲みすぎなどで、嘔吐を繰り返すことで、胃や食道の粘膜が傷つき、出血することで口から吐いたものに血が混じったり、下血したりします。

マロリーワイス症候群の治療法

 一般的に入院して、粘膜保護薬の服用と安静にします。療中は絶食して、点滴を行います。 出血が止まらない場合は、クリップと呼ばれる治療器具で傷口をふさぐ事もあります。

ページの一番上へ>          次のページ→特発性食道破裂
サイトのTOPページへ

サイトマップ】【お問い合わせ

当サイト内の内容・構成・デザイン・テキスト、画像の無断転載・複製(コピー)は一切禁止です。
Copyright All Reserved by 腹痛・下痢・便秘の症状がある病気 Since 2012/1/25-