うつ病

うつ病−【腹痛下痢便秘症状病気】

うつ病の症状

うつ病 うつ病は、腹痛・便秘・下痢・などの症状がでる病気です。 

また、うつ病は精神疾患ですので、情緒不安定・気分の落ち込み・焦燥感・不安感などの精神症状もでます。症状のでかたは人によって違います。

胃や腸といった消化器官は、精神的なストレスと密接に関わっていますので、うつ病による精神的なストレスが、身体の症状としてでてくるのです。

 うつ病には、症状のでかたによって、大うつ病・双極性障害・気分変調症といった種類があります。

うつ病の原因

 うつ病の原因は人によってさまざまで、精神的なストレスや環境の変化、人間関係、更年期、妊娠など、周囲の環境が変わったり、ストレスを日常的に感じていると、何らかのきっかけでうつ病が発症します。

 うつ病になると、脳内のやる気を引き起こす「セロトニン」や「ノルアドレナリン」という物質が減ることがわかっています。

うつ病の治療法

 うつ病の治療には、各個人に合わせたお薬を処方したり、精神療法を行ったりします。何もせず休養をとることも、大切な治療の一環です。

お薬では、抗うつ薬抗不安薬を処方しますが、うつ病のお薬にはさまざまな種類のお薬があり、副作用もそれぞれ違いますので、医師と相談しながら治療を進めていきます。

ページの一番上へ>          次のページ→甲状腺機能低下症
サイトのTOPページへ

サイトマップ】【お問い合わせ

当サイト内の内容・構成・デザイン・テキスト、画像の無断転載・複製(コピー)は一切禁止です。
Copyright All Reserved by 腹痛・下痢・便秘の症状がある病気 Since 2012/1/25-